fc2ブログ

複雑な二人 2話

2007–06–12 (Tue) 20:11
毎日、一日一話更新が続いてますな。
だいぶこのリズムに慣れてきた今です。
でも、また近い次期にテストがある今月でもある。
今回は魅音サイドからみる部分もあります。
そこは口調で判断してください(--)

「はぁ~、眠い」
あのあと、結局寝ようとしたが眠れなかった。
頭から色々なものが離れなくなってしまったのが原因だ。
起きても、家を出てもそのことは変わらなかった。
「圭一君、大丈夫?今日ちょっと変だよ?だよ」
「ああ、大丈夫だ。気にするな」
俺は少し気の抜けた声で返事をした。この声を聞いてどこがが大丈夫だなんて食らいそうだが、レナは言わなかった。
「もしかして圭一君、昨日のことかな?かな」
「・・・・・・・」
まったく、変なところに鋭い。これならさっきの言葉を食らったほうがまだいい。
「ははは、正解だね、だね」
「・・・・・・・」
もう反論することもできない。ただ黙りこむしか俺にはできなかった。
そして、その原因のやつと会う、運命の時が来た。
「あっ、魅ぃちゃんだ。おはよう」
「おっ、圭ちゃん、レナ、おはよう」
「おう、おはよう」
強気にあいさつしようとするが、大きな声が出せず、顔が見れなかった。
「あら圭ちゃん、元気ないね。もしかして、昨日のこと引きずってるとか?」
「・・・・・・・」
また図星だった。俺は何も言えなかった。
レナが言っていたように女の子って立て直しが早いのだと実感した。少し羨ましかった。
それからは、少しずつ調子を取り戻していき話しに花を咲かすことができた。しかし、魅音の顔をまともに見ることはできなかった。

学校に着くと相変わらず沙都子のトラップに引っかかり、梨花ちゃんに慰めてもらうと言う、もはや習慣的な行動を繰り返した。そして沙都子にデコピン。まったく平和だ。
だがクラスの中で、昨日のことが噂になっているのを小耳に挟んだ。
そりゃそうだろ。園崎の一大事はもはや雛見沢の一大事。こうなることは分かっていた。そうこう考えてるうちに先生がやって来た。
「"前原 "委員長、号令」
今日から委員長になった俺に気を使って"前原"を強調してくれた、知恵先生。初めての経験に不思議な気持ちになる。
「起立・・・礼」
魅音を真似た感じでやってみた。どうだろうか?
気になり周りを見渡すと何人かと目が合い、OKのサインを出した。初めての仕事を終えて、安心した。


一時間目は圭ちゃんの圭ちゃんのことで少しの間、自習になった。
私は今日の圭ちゃんの態度がおかしいと感じ、そのことについて考えた。
朝からして今日は私のことを避けていると感じた。私に少し距離を置き、目をあわそうとしなかった。
完璧に私を避けている。昨日のことが関係しているのかな?
んん~~、自分ひとりで考えても分からない。
そこで暇でいたレナに声をかけてみた。
「ねぇレナ、今日の圭ちゃんおかしくない?」
「うん、今日の圭一君は少し変だね」
レナは考えもせずパッと答えた。
どうやらレナもそう感じてるらしい。
「やっぱり?心当たりとかある?」
「多分ね、昨日ことじゃないかな?かな」
そう言われ朝の出来事を思い出した。
「あっ、そんなことあったね」
レナはそうそうと頷く。
この話から今日の圭ちゃんの心理が少し理解できた。


俺は委員長としての仕事の多さにダルさを感じなかった。苦労も感じなかった。
理由は分かっていた。
みんなが応援してくれるからである。
東京、つまり雛見沢に引っ越す前は誉められたい一心で色々なことを頑張った。しかし、それが無駄だ、つまらないと判断した時、そんな気持ちはどこかへ吹き飛んだ。そんな生活にも不満を感じ一日一日が嫌でしょうがなかった。
しかし雛見沢に来て全てが変わった。
ここに来てからは毎日が楽しい。しかも、いなかった仲間もできた。こんな楽しい世界を俺は待っていたと思った。
それは委員長になっても変わらない。
魅音がめんどくさそうにやっていた仕事も、それを比べて見ると楽しい。何一つ不満がない。そんな仕事をやっていた。
しかし、一つだけ悩みがある。もちろんそれは知っての通り魅音のことだ。
さっきから仕事をしながらも魅音のことばかり気になっていた。あいつは俺に不満があるのか?本当に好意なんて抱いてるのか?と一人考える。
憂鬱なんだな、俺。またしてもそんな結論が出た、朝委員長の仕事をしている今であった。





むぅ、圭一の鈍さは色々と犯罪ですね。
いったいどれくらい鈍いか分かりません(TT)
そこに苦戦する今であった。苦労しまくり(TT)
スポンサーサイト



« 複雑な二人 1話 | HOME |  複雑な二人 3話 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

 | HOME | 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

キラ

Author:キラ
中二病の同人大好きな変態。アニメよりゲーム派。
07th作品はうみねこよりもひぐらし。
いまだに圭魅が大好き主張は変わらず。
創作活動は別館で進行中。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

リンク

参加中同盟

ひぐらしのなく頃にWebRING

貰い物

わけあい:18禁圭詩×魅マンガ ヂャイロ