fc2ブログ

化物語 感想

2010–06–27 (Sun) 22:55
アニメ放送から始まり、最後の3話はネット配信で終わった化物語。世間ではブームも起き、私もそのブームに巻き込まれた一人です。
そしてやっとアニメ配信も最終回まで言ったので、アニメと配信を合わせての第1話~第15話(最終話)の総評を書きました。
ネタバレありなので、注意です。



物語について
話は原作の化物語(上)(下)がベース。最初から最後まで原作の話をアニメ化した、とまんまんの仕様。
一部変えていたり、カットしたりしてますが、それはアニメと原作のと違いなので仕方ないです。
それで話ですが、ひたぎクラブ・まよいマイマイ・するがモンキーは良かったです。が、なでこスネイクとつばさキャットはいまいちな部分が目立ちましたか。
特に、先延ばしの期間が長かったつばさキャットはもっと綺麗にまとまった内容でもよかったように思えました。何ヶ月も伸ばして、あれとは…少し残念orz
それでも全体的に話は高評価です。特に最初の三つはかなりの高得点です。


キャラについて
一癖も二癖もあるキャラが多い化物語ですが、キャラに関しては満足の一言。
嫌なキャラもいなければ苦手なキャラもいませんでしたし、みんな高評価。
特に主人公の阿良々木暦のかっこよさと、ヒロインの戦場ヶ原ひたぎの評価はマイブームを起こしたほど高いです。
二人ともしっかりしていて、個性が前面に出まくっていたので、それもまた良かったです。
それと、千石撫子も恐ろしいほど良かったです。あれほど人気が出るのにも、頷けるわwwww


演出について
これはシャフトだからこその評価です。
そしてこの評価は、ほぼ満点です。さすがシャフトの一言に尽きます。
原作は動きがない、とどこかで書かれていたのを読んだことがありますが、そんな不安を感じさせないほど激しく動く演出はスライドショーの如く。瞬きしている瞬間に終わってしまう部分もあったりと、見ている私たちを飽きさせないのがまた素晴らしいです。
様々なアニメを見てきましたが、この化物語の演出は今までの作品で一番と言っていいほどの演出です。
特徴的で見ていて飽きさせない。シャフト、すげえと感じさせるのがこの演出ではないでしょうか。


作画について
演出を盛り上げるために、作画は手抜きが一切許されない。
演出とリンクして、作画もほぼ満点…と言いたいですが、ところどころに作画崩壊している部分も少なからずあります。
特にTV版のなでこスネイク、配信されたつばさキャットにはそれらしき部分がいくつかあったので、それが少し気になりました。
でもそれでも高評価。これは十分作画が良かったのもありますが、演出のために作画の枚数が他の作品よりも断然多かったのも大きいです。


総合評価
5点満点中、4.5点。
気になる部分がいくつかありますが、それを補う部分も同時に多かったのでこの得点です。
個人的には神作にあたりますね。話もいいですし、キャラもツボなキャラが多かったですし、OP・EDも良かったですし、などなど。
オススメも出来ます。という以前にブームが起きたので、ほとんどの方が知っていそうですがw
あと最後に。ひたぎのツンデレっぷり、素晴らしすぎwwww それと12話は最強の回なのは間違いない!!
スポンサーサイト



« 今日は感想書くの頑張った | HOME |  オオカミさん・生徒会 第1話の感想 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

 | HOME | 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

キラ

Author:キラ
中二病の同人大好きな変態。アニメよりゲーム派。
07th作品はうみねこよりもひぐらし。
いまだに圭魅が大好き主張は変わらず。
創作活動は別館で進行中。

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

リンク

参加中同盟

ひぐらしのなく頃にWebRING

貰い物

わけあい:18禁圭詩×魅マンガ ヂャイロ