FC2ブログ

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 感想

2010–10–03 (Sun) 15:09
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEADのの総評です。
夏期のダークホース。思った以上にいい出来の作品でしたwwwww



物語について
原作は中盤に突入する前に全巻読みました。
原作の一話一話が短いこともあってオリジナリティーを追加しておぎなっていましたが、このオリジナリティーがとてもよく話と矛盾しないのがとてもよかったと思います。
また話が原作重視だったらしく、原作コマを必ずと言っていいほど使っていたのもよかったと思います。
話に関しては文句なし。原作とアニメのオリジナルシーンを混ぜた見事な調和でしたw

キャラについて
どれも個性があってよかったです。
崩壊した世界の中で壊れていくキャラもいましたし、その中で生き残ろうとするキャラもいて、似た作品のバイオとは違ってリアリティーがあったと思います。
ただリアリティーがありすぎて、うざキャラが多かったのも事実です。でも世界観を考えるとこれは仕方ないかも…。
それと、主人公って平野でヒロインは毒島先輩じゃなかったの?wwwwwwwwwwww

作画について
作画は問題なしでしたね。安定していた…と思います。
ただ"奴ら"は使い回しが多かったのかな? それが違うとしたらさらに高評価できますが、これがわからないから"奴ら"の作画はつけられませんでした。
これは自分の情報収集能力が低いための失態。すいません。

エロとグロについて
この作品はエロとグロが多い作品。なので作中にもこの二つはこれでもかと言うほど取り入れられてました。
エロに関しては原作でも見てきましたが、個人的には必要かどうか微妙なラインですね。ただこれは作中でもおまけ程度で扱っているので、そのあたりは原作者たちもわかっている、と思いたい!!!
グロは作中で出来事と嫌でもリンクしてしまうので仕方ないですね。こちらはあってこその『H.O.T.D』だと思います。
アニメではこの二つを原作通り、というべきか、それほどまでに入れてます。色々と言いたいことがありますが、しっかりと道筋通りに表現されていたので、そのあたりは評価に値すると私は思います。

総合評価
5点満点中、4点。
様々な部分で高評価です。でも神作と良作の間に位置に入ります。つまり名作あたりですね。
これは終盤からは大きなインパクトが欠けた部分が大きいと思います。でもあの展開だと……仕方ないのかな…。
あとはキャラでしょうね。主人公の小室とビッチがどうしてもいい意味でインパクトがなくて、いなくても大丈夫な部分があったりしたのが少し残念です。まあ、それは一部での話ですが…。
ところで最終話のラストがショッピングモールで終わるということは、どう見ても二期フラグが立ったと思うべきではないでしょうか。
それと、冴子の『濡れるッ』が逸りすぎwwwwwwwww
スポンサーサイト

« 引きこもりを長くやると人恋しくなります | HOME |  けいおん!! 感想6 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

 | HOME | 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

キラ

Author:キラ
中二病の同人大好きな変態。アニメよりゲーム派。
07th作品はうみねこよりもひぐらし。
いまだに圭魅が大好き主張は変わらず。
創作活動は別館で進行中。

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

リンク

参加中同盟

ひぐらしのなく頃にWebRING

貰い物

わけあい:18禁圭詩×魅マンガ ヂャイロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。